天然プチトマ子

毎日のんびり、ほっこり過ごそう

春です コテツ猫食堂(コテツ 猫 10カ月)

コテツ店主「いらっしゃい」

f:id:to-ma-ko:20220318125400j:image

↑(階段をカウンターに見立てて)

コテツ「コテツ猫食堂にようこそ。春だね。窓辺の桜もほころび始めたよ」

f:id:to-ma-ko:20220318134331j:image

コテツ「あれ、トマ子さん今日は顔がむくんで・・・じゃなくて、疲れてるよ。働きすぎじゃない?僕みたいに昼寝足りてる?まだまだ寒いから、おでんとか食べる?」

f:id:to-ma-ko:20220316201947j:image

トマ子「コテツくん、猫なのにお料理ができるんだ。すごいね〜。じゃ、ちくわににんじん、大根にしらたき、あと山芋と鳥つくねお願い。カラシもつけてね。お酒は氷抜きのハイボールで!」

f:id:to-ma-ko:20220316202408j:image

コテツ「はーい、どうぞ。ペロンペロン。ん、味はok!僕はコタツで一休みするから、なにかあったらコタツ布団めくって声かけてね〜」

 

トマ子「はーい(・・・今舐めてた、おでんを舐めてた・・・)」

 

コテツ「あ、そうそう、その鳥つくね、僕の肉球でよ〜くフミフミしたから美味しいよ」

 

トマ子「・・・」

 

コテツ「じゃ、おやすみ」

 

ともあれ、飴色に煮上がったおでんは、しみじみ美味しかった。

また来ようかな、コテツ猫食堂。