天然プチトマ子

毎日のんびり、ほっこり過ごそう

トマ子の勝手に映画評論! 「グーグーだって猫である」

小泉今日子さん主演の「グーグーだって猫である」を観ました。

トマ子は猫好きというよりも犬好きなんですけど[E:heart01]、この映画の猫は本当に可愛いです[E:cat]

映画にはサバグーグーの2匹が出てきます。どちらも個性があって、で何かを訴えている(笑)。

映画の表題にはグーグーという名前が入ってます。でもやっぱり主役は天才漫画家麻子役小泉さんですね

最近映画で活躍されている今日子さんは、台詞の読み方に特徴があるというより、微妙な表情[E:catface]が上手だなぁと思います。照れ屋で、派手なことが嫌い。そして優しい麻子さんの性格をよく表現しています。

「人を幸せにしたい」と思ってマンガを一心に描いてきた麻子さんが猫や恋などを通して自分を振り返る時、何が見えるか。

最初は起承転結があまりなく、のんびりした映画だなぁと観ていましたが、途中から麻子さんに様々なことが起こり始めます。

平凡な毎日、幸せな毎日が続いて欲しいけれど、人生はそんなに甘くありません(笑)。しかし、苦悩や厳しさを通して見えてくるものがきっとあるはず。

ちょっと、ホロリ[E:weep]ともできる映画ですよ。